top of page
  • 執筆者の写真株式会社AZAI

飲食店での感染防止+応援の方法、医師が提案

株式会社AZAIでございます。 2度目の緊急事態宣言で自粛の促進が続く中、また本日も101名の感染者が発生しており、本日(2月2日)時点で下記のように感染者の総数は、2万5,000名に迫る数になっております。


※2月2日時点 データ参照:SmartNews


このような状況の中で、飲食店は本当に厳しい店舗経営を強いられております。

そんな飲食店を応援すべく、本日、中日新聞で「飲食店での感染防止+応援の方法、医師が提案」という記事が取り上げられました。

AZAIとしても、少しでも飲食店で頑張る経営者様、スタッフ様のご支援をすべく本記事をご紹介させて頂きたく存じます。

会員登録制の記事ですので、一部のみにはなりますが抜粋してご紹介させて頂きます。


本記事では飲食そのものが悪いわけではないと述べられております。

そして危険なのは、「至近距離での無防備な会話」とされ、たとえ自宅での飲み会も、飲酒なしの昼食時の談笑でも、飛沫(ひまつ)感染の恐れはあると記載されております。


どうしても飲食店の時短営業、それに伴い夜の外食や外出は危険という点に目が行きがちでしたが、日中であれば飲食店に行っても感染しないわけではないという事です!

日中夜問わず、感染リスクは我々の近くにあります。大切なのは、ソーシャルディスタンスを守り、適切な距離を人と取ること。そして、消毒などの対策をしっかり講じることだと思います。


弊社では過去にも感染対策の記事などを公開しておりますので、よかったら皆様のご参考にして頂けますと幸いです。


記事名:『布おしぼりの減菌効果ご存じですか!?』


記事名:『おしぼりで拭え感染不安!!』


記事名:『「手指衛生おしぼり」のページを追加しました!』


また弊社の”おしぼり”にご興味があるという方は、下記よりお問合せ頂けますと幸いです。


ご注文は下記連絡先までお願いいたします。

0586-78-4343

今回ご紹介しました中日新聞記事の全文を見たい方は下記からお願いいたします。

※全文閲覧は会員登録が必要になるようです。

閲覧数:51回0件のコメント

Comentários


bottom of page